カナダ語学留学・ワーキングホリデーのことなら「カナダ留学ギャップイヤー」

Home / 語学留学成功のコツ / 留学費用を節約する方法

留学費用を節約する方法

img

どんな留学でも、「学費」と「渡航費」、「生活費」は最低限必要な費用です。
そこで、まずはこれ以外に発生する「留学エージェント」に支払う【留学サポート費用】【留学手続き代行費用】などの【手数料】は、できる限り抑えたいもの

1. 留学サポート費用、手続き代行費用などの「手数料」を節約する方法

ご存知のように、留学エージェントには、【有料でサポートを提供する会社】 と 【無料でもサポートを提供できる会社】があり、有料の場合、その手数料はその企業の規模によっても、サポートの内容によっても金額には大きな開きがあります。
【有料サポート型】とは・・・・お客様からサポート料や留学事務手続き費用をもらい、留学のサポートをしている留学エージェントです。

【無料サポート型】とは・・・・お客様からはサポート料金などを頂戴せず、学校からの紹介料のみで運営している留学エージェントです。

当社カナダ留学ギャップイヤーは、この【無料サポート型】

このサポート費用の差は、10~20万円になることも珍しくはありませんが、
たとえば、サポート費用の20万円あれば、こんなことができます。

  • 語学学校をさらに2ヶ月間延長することができる!
  • 最初の2~3ヵ月間は、アルバイトをせず語学学校の勉強に集中できる!
  • 語学学校をワンランク上にすることができる!
  • 航空券は直行便を選ぶことができる!
  • 帰国後の生活のために貯金できる!
  • 現地での思い出づくりの旅行にも行くことができる!
  • 帰国後にレベルアップ(維持)のために英会話スクールに通える!
  • シェアハウスで、オウンルーム(一人部屋)を選ぶことができる!

2. 学費を節約する方法

また、必ず必要になる「学費」についても、費用を抑える方法があります。
それは、【各語学学校のキャンペーン】を利用するという方法です。

【各語学学校のキャンペーン】とは・・・・

語学学校は、できるだけ多くの留学生に自分たちの学校を知ってもらいたいと考えています。
しかし、留学生の募集を留学エージェントに依頼をしたほうが広告費を抑えることができ、また本来の英語学習の場の提供に力を入れることができるので、留学に必要な手続きは、留学エージェントを通して手続きをすることを勧めています。
お客様が直接語学学校にお申込みされるよりも、留学エージェントを通したほうが料金が安い理由は、学校側が留学エージェントにキャンペーンを提供し、留学エージェントを通してお申込みするように促しているためです。

カナダの語学学校では、期間限定で授業料が安くなるキャンペーンを実施しています。
そのキャンペーンを利用すると、学費を10~30%安く抑えることができます。語学学校によっては、入学金が免除になることもあります。
例えば、Greenwich English Collegeというオーストラリア・シドニーにある語学学校に1年間留学した場合、通常の料金は、18,070ドルですが、
キャンペーン期間内に手続きをすると、13,790ドルまで抑えることができ、さらに2週間分の授業料が無料になる奨学金が出る場合もあります。

カナダ留学ギャップイヤーを利用したキャンペーン価格の場合

3ヶ月間の留学費用

通常料金 $4,540

カナダ留学ギャップイヤーオリジナルキャンペーン $4,180~

内訳

  • 入学金:$100
  • 授業料:$3960
  • テキスト代:$120

1年間(48週間)の留学費用

通常料金 $18,070

カナダ留学ギャップイヤーを通じて学校に申し込みした場合 $13,790

内訳

  • 入学金:無料
  • 授業料:$13,440
  • テキスト代:$350

キャンペーンの内容は語学学校によって異なり、さらには、
お申込みの時期
お支払の時期
語学学校の期間
によっても語学学校の学費は違います。

短期間でお申込みをするよりも、長期間でまとめてお申込みをしたほうが割安になります。

また語学学校は、1年に1~2回、値上げしています。
値上げのタイミングは、年末に行われることが多いので、お申込みのタイミングの時期を考えて、手続きしてください。

また、留学エージェントによっても、利用できるキャンペーンの内容は異なり、そのお得さ(割引額)も違ってくるのですが、そもそも割引キャンペーンがない留学エージェントもありますので、確認をしてみると良いでしょう。

当社カナダ留学ギャップイヤーでご案内しているキャンペーンの語学学校は、こちらからご確認ください。

カナダ語学学校キャンペーン

3. 現地での生活費を節約する方法

生活費は、日本にいても当然必要となる費用ですが、日本でも様々な節約術があるように、海外留学ならではの節約ノウハウもあるのです。

アルバイトをして、生活費を補う
ワーキングホリデーの場合は、語学学校に通いながら、アルバイトをすることができます。オーストラリアでは、学生ビザでも週20時間までのアルバイトが認められています。
日本食レストランなど、英語はあまり話せなくても働けるところは、時給13ドル程です。英語が中級以上(会話に困らない程度)ある場合は、時給15ドルからスタートできることもあります。生活費はアルバイトをして、補うことができます。
シェアハウスに住む
多くの留学生、ワーキングホリデーメーカーは、現地到着後の1か月間は、ホームステイをし、その後シェアハウスに移動します。シェアハウスには、オウンルーム(一人部屋)とルームシェアがあり、費用を安く抑えたい方には、ルームシェアがオススメです。シェアルームだと、週100ドル~あります。オウンルームは、自分のプライベートを守れるので快適ですが、週200ドル以上となります。
【交通機関は学割を利用する
学校に通っている期間は、学割を利用しましょう。(ワーキングホリデーメーカーの場合は、学割対象外になることがあります)学生割引を利用すると、交通費が最大半額になるので、交通費を節約できます。学生証は、語学学校や大学で発券してくれますので、学校初日のオリエンテーションで確認してみましょう。上記の他にも、航空券の購入時期、出発時期、滞在方法によっても、留学に必要な費用を大きく節約することができます。

これだけは気を付けたい・・・留学節約での失敗談

費用を、賢く節約することで、様々なお得感をえることができますが、
環境の違う海外留学で節約の仕方を間違えてしまうと、せっかくの留学が台無しになってしまいます。

留学費用を抑えすぎて、格安語学学校を選んでしまった。
結局、英語を話せるようにはならなかった。

出発前までに必要な費用ばかりに目が取られ、実際に現地に入ってからはマクドナルド三昧。自炊をすればもっと生活費を抑えられたのに、最初はどこで何を買っていいのかわからず、マックばかりに行っていた。

お得なバスチケットがあったことを知らずに、正規料金でバスに乗っていた。
もっと早く知っていれば・・・。

こんな失敗をしないようにするためにも、事前に留学プランを考えておくことがとても大切です。

上記の他にも、航空券の購入時期、出発時期、滞在方法によっても、留学に必要な費用を大きく節約することができます。
当社カナダ留学ギャップイヤーでは、あなたの留学へのご要望をお伺いし、できるだけ費用をかけずに充実した留学に行っていただける方法をお伝えします。

無料の留学相談フォーム

留学の目的やご予算に応じて、様々な留学プランをご提案させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話