カナダ語学留学・ワーキングホリデーのことなら「カナダ留学ギャップイヤー」

Home / すべての体験談 / 語学留学体験談 / 大学を休学してカナダへ留学したYUKIさんからの体験談

大学を休学してカナダへ留学したYUKIさんからの体験談

img

留学の概要
留学先 カナダ
(ビクトリア)
留学時期 2014年6月~2015年2月
(8か月間)
学校名 PGIC ビクトリア
ビザ 学生ビザ

Yukiさんに聞きました!!

アンアルウェンを選んだ理由は?

それは安心して留学準備ができると思ったからです。
右も左も分からない状況で留学準備をしなくてはならなかった私ですが、アンアルウェンにメールで留学準備の仕方を問い合わせてみたところ、すぐに返信してくださりました。迅速な対応にまずすごく驚きました。また、松本さんの丁寧で温かい対応が私の不安な気持ちを和らげて、やる気をもたらしてくれました!!正直、ネットで調べて場所に問い合わせてみることに少し不安を抱いていました。全く知らない場所で、しかもほとんどお金がかからないということは嬉しいけど、信用していいのか少し不安でした。なのでアンアルウェンと別の会社にも同じ時期に問い合わせてみました。
でも、アンアルウェンの方が、すぐに返信を下さり、尚且つ熱心にサポートしてくれたり親身になって一緒にプランを考えてくださり、今後私がやらなければならないことがすぐに見えて、一気に安心感を抱くことができました。
そこでアンアルウェンにこれからの留学準備をお願いしていただくことにしました。

あと、ネットでアンアルウェンの会社のページを見て、問い合わせてみようか迷ってた時に、アンアルウェンを、選んだ留学生の声のページをみました。そこには本当にアンアルウェンを選んで良かったとか、ほとんどのかたがすごくアンアルウェンを利用したことで良くなったと書いてあり、問い合わせてみる勇気に繋がりました!!
きっと私の友達が留学するなら間違いなくアンアルウェンを、紹介します!^^(笑)
これが私の選んだ理由です。

PGIC Victoriaに通った感想は?

私はカナダの西端、ビクトリアのPGIC校で8ヶ月勉強をしました。

学校のポリシーで、英語以外は校内で使えません。おかげで日本人同士の学生間でも日本語は使わず、英語を使い会話をせざるを得ないため、日本語を使う機会が全くなく、英語に集中できるとてもよい環境でした。クラスによってそれぞれの先生の個性と魅力がいっぱい詰まった学校で、アットホームな、そしてリラックスしながら英語の勉強に没頭することができます。

ビクトリアには他にもいくつか語学学校があるのですが、PGICは先生と生徒の関係がとても近く、いろんなことを質問でき、ありとあらゆる質問にも丁寧に答えて下さるとても素敵な学校です。 毎週金曜日には放課後のアクティビティがあり、バーベキューをしたりハローウィンパーティー、映画鑑賞、観光など英語の勉強を楽しみながらできる工夫がされているところもここの魅力と思います。

ビクトリアの自然やすぐそばの海に囲まれて、 アットホームな穏やかな環境のもとのびのびと英語の勉強をしたい方にはとてもおすすめです!

留学から学んだことを教えてください。

留学してから私の人生に対する考えが変わりました。 始めは英語を勉強するためにカナダに来たつもりでしたが、英語を使って人生の勉強をすることが留学であることに気づきました。

話す言葉が違ければ、そこに根付く文化も違います。英語を勉強する以外に人と人とのコミュニケーションの大切さや感情表現の違いなどに気づき、そこから自分自身を見つめることができます。 それから、留学生活は楽しいことばかりではありません。だけどそんな時でも同じ学校の仲間やホストファミリーに支えられたり、人々の優しさに気づくことが多いと思います。

出会った人たちと多くのことを共有して、喜び、泣き、笑うということが、私の留学生活の支えとなりここまでやってこれたと思います。 人生にはいろいろな人がいていろいろな考え方があり、いろいろな働き方や生き方があるのだということを身にしみて実感できたことが何よりも嬉しいです。

これから留学する方へのメッセージをお願いします。

これから留学生活をする方は、とにかく早く行ってみたいというわくわくする気持ちと、大丈夫かな、、という不安な気持ちが混ざり複雑な気分かもしれません。 始めにいっておきたいことは、失敗を気にしなければ気にしないほど英語は上手くなるということです。 例え知っている単語が少なくても、発音が苦手でも、文法が自信なくても、それを学ぶために来たわけなので恥じることや悪く思う必要はありません。

大切なのは、あなたがあなたらしく海外でいられることです。言語が変わると、話すことに必死になって自分らしさまで失いそうになります。そんなとき、人は無理をしたり自分に正直になれなくなります。だからあなたらしく自分のペースで自分らしく留学生活を進めていくことを大切に過ごしてください。

私は語学の勉強は自転車に乗ることと同じだと思います。 日本で英語を勉強するときは、自転車に乗ったこともないのに、乗りかただけを習いひたすら勉強します。だけど留学は習った乗りかたを本当に成功するかどうかためす時なのです。 もちろん始めは転けます。何度もこけて失敗を繰り返していいのです。それが留学生活です。 失敗を恐れずに、あなたらしく過ごしていけばいつか必ず心から楽しいという瞬間に出会えます。それを信じて、自分らしく頑張ってほしいと思います。

無料の留学相談フォーム

留学の目的やご予算に応じて、様々な留学プランをご提案させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

体験談 サポート キャンペーン スタッフ 問い合わせ 電話